リップルがサウジアラビア通貨庁と提携。初の中央銀行によるリップル導入に

リップル社は14日、中東サウジアラビアの中央銀行であるサウジアラビア通貨庁(以下SAMA)との提携を発表した。サウジアラビアの決済インフラを改善するため、リップルの送金技術であるxCurrentを活用した支援を行うとのことだ。

xCurrentは、即時の国際送金や、送着金のリアルタイム追跡を可能にするソフトウェアソリューションである。両者はxCurrentの導入のための試験的なプログラムを共同開発し、実行する予定だ。またSAMAは、プログラムに参加するサウジアラビア国内の銀行に向けて規制緩和策やプログラムマネジメント、トレーニングも行う。

一国の中央銀行によるリップルの導入は今回が初めてだ。リップルの経済圏は、これからも広がりそうである。

【参照サイト】Ripple and Saudi Arabian Monetary Authority (SAMA) Offer Pilot Program for Saudi Banks
【関連ページ】リップルとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」