仮想通貨、時価総額上位10位で市場の81%、ベンチマーク協会調査

日本経済新聞社グループのQUICKが主催する仮想通貨ベンチマーク研究会が8月3日、ベンチマークに関するレポートを発表した。レポート内では、時価総額上位10種類の仮想通貨の時価総額や世界の主要な仮想通貨取引所の24時間取引額と取引ペア数など、2018年7月6日時点のデータが記載されている。

今回提出されたレポートによると、時価総額上位10種類の仮想通貨だけで時価総額合計24.2兆円と仮想通貨全体の時価総額の約81%を占めている。仮想通貨の時価総額1位はビットコインで約12.5兆円であり、2位はイーサリアムで約5.3兆円、3位はリップル(XRP)で約2.1兆円となっている。

また、世界の主要な取引所の24時間取引額のデータも公開されている。上位30社の過去24時間の取引額は8,400億円である。これは仮想通貨全体の取引総額の約50%に相当する。取引額1位のBinanceは、通貨のペア数が368であり、24時間取引額は約1,417億円である。取引額2位のOKExは通貨のペア数が499、24時間取引額約1,186億円となっている。取引額3位のHuobiは通貨のペア数が252、24時間取引額約993億円である。

仮想通貨の取引は、世界中で行われている。国内の仮想通貨投資に関する情報だけでは、投資判断を誤る可能性もある。今回のようなデータを通じて、世界の情報にキャッチアップしていくことが重要だ。

【参照URL】仮想通貨ベンチマーク研究会報告書

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」