ESG「投資判断に活用」機関投資家の98%、目的はリスク低減・リターン獲得

経済産業省は投資家のESG投資等に対する取組、動向について調査した「ESG投資に関する運用機関向けアンケート調査」の結果を12月24日発表した。投資家のESG投資などに対するスタンスや取り組みを把握、グリーンファイナンスに関する政策に役立つ基礎情報を収集する目的。調査対象は国内外の主な運用機関など計63社で、うち48社が回答(回収率76%)した。回答者の総運用残高は約3988兆円。それによると、95%以上がESG情報を投資判断に活用しており、 活⽤⽬的としては、リスク低減(97.9%)、リターンの獲得(87.5%)が多かった。ESG要素の中で、投資判断に考慮する内容としては、E(環境)の「気候変動」が約80%と最も重視されていた。

ESG情報を投資判断などに活用する上で、93.8%の運用機関がTCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures:気候関連財務情報開示タスクフォース)を重視していた。他に、PRI(国連責任投資原則が95.8%、SDGs89.6%)も重視されている。

2019年10月8日にTCFDコンソーシアムが策定し、TCFDサミットで公表された「グリーン投資の促進に向けた気候関連情報活用ガイダンス(グリーン投資ガイダンス)」について運用機関での認知度は約98%と高く、うち約60%の運用機関が同ガイダンスの活用を考えている。具体的には、エンゲージメント(企業との対話)や企業分析、社内外でのTCFDに関する啓蒙などに活用することが想定される。日本のTCFD賛同機関数は世界1位となっており、約4割の運用機関もそれを評価していた。

⼀⽅、運⽤機関の85.4%は、「企業のESG情報の開⽰が不⼗分」であり、ESG評価の障害になっていると認識している。⽇本企業のTCFD賛同数の増加は⼀定の評価を受けているが、その情報開⽰は未だ限定的であり、運⽤機関⾃⾝のTCFD開⽰も40%程度に留まるなどの課題も挙げられた。

なお、TCFDコンソーシアムでは、グリーン投資の促進に向けて「グリーン投資ガイダンス」を普及していくため、ガイダンスの主旨に賛同し、実際に活用または活用を検討している投資家を対象とした「GIG Supporters」を募集している。GIG Supportersとは、グリーン投資ガイダンスの実際の活用事例をTCFDコンソーシアムホームページ上にて紹介し、更なる普及拡大を図る取り組み。

【参照レポート】経済産業省「ESG投資に関する運用機関向けアンケート調査

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」