キリン、Alliance to End Plastic Wasteに参加。プラスチックが循環し続ける社会の実現を目指す

キリンホールディングス株式会社(以下、キリン)はこのほど、「Alliance to End Plastic Waste(廃棄プラスチックを無くす国際アライアンス、以下AEPW)」に2021年3月より参加したことを発表した。日本の食品会社では初めての参加となる。

2019年に設立されたAEPWは、廃棄プラスチック問題解決に取り組む国際的な非営利団体だ。2021年1月時点で、プラスチックバリューチェーンに携わるグローバル企業など50以上の組織が参加している。AEPWは、プログラムやパートナーシップを通じて「インフラの構築・整備」「イノベーション」「教育と啓発活動」「清掃活動」の4つの戦略的分野の解決に重点的に取り組んでいる。

キリングループは、「食から医にわたる領域」で価値を創造し、世界のCSV(※1)先進企業になることを目指している。CSVの「環境」への取り組みの一環として、2020年2月に社会と企業のレジリエンス強化に向けた新たなビジョン「キリングループ環境ビジョン2050」を策定し、「容器包装が持続可能に循環している社会」を目指すことを宣言した。また「キリングループ プラスチックポリシー」では、2027年までに「日本国内におけるPET樹脂使用量の50%をリサイクル樹脂にする」ことを掲げている。

これらの目標達成に向けた取り組みとして、キリンビバレッジ株式会社は2019年6月より、同社の飲料商品に再生ペット樹脂を100%使用した「R100ペットボトル」を採用し、2020年12月より軽量化したペットボトルを導入した。さらにキリンは2020年12月、三菱ケミカル株式会社とともに、ケミカルリサイクル(※2)によるペットの再資源化に向けた技術検討と実用化を目指す共同プロジェクトを開始している。今回、AEPWに参画し、グローバルな視点で世界を取り巻く廃棄プラスチック問題解決に取り組むことで、参加企業とともに「プラスチックが循環し続ける社会」の実現を目指す構えだ。

※1:Creating Shared Valueの略。顧客や社会と共有できる価値創造
※2:廃ペットボトルを選別・粉砕・洗浄して汚れや異物を取り除いたうえで、解重合(化学分解処理)し、ペットの中間原料まで分解・精製したものを再びペットに重合(合成)する方法

【プレスリリース】日本の食品会社で初!世界的なプラスチック廃棄物問題解決に取り組む国際的非営利団体「Alliance to End Plastic Waste」に参加
【参照サイト】Alliance to End Plastic Waste
【参照サイト】キリングループ環境ビジョン2050
【参照サイト】「キリングループ プラスチックポリシー」を策定
【関連記事】Alliance to End Plastic Waste、2020年進捗レポートを発表。廃プラ循環の取り組みを進める
【関連記事】IBM、Alliance to End Plastic Wasteに参加。新データプラットフォームで廃プラを追跡
【関連記事】キリン、再生ペット樹脂100%使用ペットボトル採用商品とラベルレス商品を3月より発売
【関連記事】キリン、三菱ケミカルと共同プロジェクトを開始。ケミカルリサイクルによるペット再資源化を目指す

※本記事は、世界のサーキュラーエコノミーが学べるメディア「Circular Economy Hub」キリン、Alliance to End Plastic Wasteに参加。プラスチックが循環し続ける社会の実現を目指すより転載された記事です。

The following two tabs change content below.
廣瀬 優香

廣瀬 優香

大学時代にベトナムとカンボジアで行った教育関連の活動をきっかけに、国際協力や環境問題に興味を持つ。大学在学中は化学を専攻し、バイオマスプラスチックについて学ぶ。メーカー勤務ののち、現在はライター・翻訳者として活動。個人ブログ:旅好きのひとりごと https://international-blog.com/