Huobi独自の暗号資産「HT」は6月上旬、同取引所で取り扱い開始へ

暗号資産取引所サービスを提供するフォビジャパンは5月15日、同社が国内で初めて取り扱いを開始予定となる「HT(フォビトークン)」の特徴や機能を紹介するコンテンツページを公開している。

HTは、Huobi Globalによって発行されたEthereumブロックチェーン上の分散型デジタル資産。HTはHuobi Tokenの略称で、正式名称はHuobi Global Ecology Integralとなる。HTの発行上限枚数の5億枚は、既に発行済みで、永久に追加発行はされない仕組みとなっている。2018年1月にHuobi Globalによって発行された以来、世界中現在およそ30社の取引所で取り扱われており、24時間の出来高が120億円以上、世界の暗号資産時価総額ランキングの第18位を占めている。

HTには今後進捗が進む中で、送金、決済、暗号資産同士の取引、手数料の割引、HTのガバナンス、といった5つの機能が実装される予定となっている。また、フォビジャパンが行うプロモーションにも活用される予定で、国内でHTをはじめて扱う暗号資産取引所として大手企業との連携も進められているという。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】Huobi(フォビ)の口コミ・評判・口座開設
【参照記事】HT(フォビトークン)とは

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」