グーグルクラウドとブロックチェーン技術を組み合わせが可能にする未来とは?

米Google社は6月14日、Google Cloudとイーサリアムブロックチェーンを組み合わせた予測市場や金融取引の信頼性向上、プライバシーの保護された情報の送受信について、同社の見解を公表した。

レポートによると、予測市場では、ブロックチェーンを利用したアプリケーション(DApps)をプラットフォームとすることで、透明性を確保した未来予測になるとのことだ。また、ブロックチェーンに記録されている情報を確認することにより、DAppsに利用されているブロックチェーンの種類、トランザクション量などが測定可能となる。一日、一週間、一か月の単位でユーザー情報を取得し分析することもできるといった特徴がある。

ブロックチェーンを金融取引プラットフォームとすることは信頼性向上にも役立つ。リスクヘッジ手段として利用される先物取引やオプション取引のプラットフォームをブロックチェーン上にすることで、従来の金融システムよりも信頼性と透明性の高い環境で行うことが可能だ。

ブロックチェーンを活用することでプライバシーを保護した送受信が可能となり、情報漏洩の防止もに可能となる。情報の送受信時に、Google Cloudとイーサリアムブロックチェーンを組み合わせることで、あらゆる取引を自動化するスマートコントラクトの課題となっているトランザクションのプライバシーが保護され、DAppsの分散型取引所DEX、予測市場・分散型取引所などを含めた分散型金融DeFiへの利用可能性が高っていくという。

【参照記事】Building hybrid blockchain/cloud applications with Ethereum and Google Cloud

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」