Grayscaleの運用資産が金ETFを上回り600億ドルを突破へ

デジタル資産運用会社Grayscaleの運用資産が600億ドルを突破し、世界最大で最も流動性の高い金ETF(上場投資信託)であるSPDRゴールド・シェアーズを上回ったことが分かった。

同社によると、11月10日時点でSPDRゴールド・シェアーズの運用資産は583億ドル(約6兆6,617億円)であるのに対し、Grayscaleの運用資産は608億ドル(約6兆9,473億円)に達しているという。Grayscaleの運用資産608億ドルのうち、グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)が436億ドル(約4兆9,819億円)、グレースケール・イーサリアム・トラスト(ETHE)が149億ドル(約1兆7,025億円)を占めている。

GrayscaleはGBTCをビットコイン現物ETFに変更するため、10月に米証券取引委員会(SEC)に対して正式な申請を行っている。現在までにSECはすべてのビットコイン現物ETFの申請を拒否しているが、ProShares、Valkyrie、VanEckのビットコイン先物ETFが初めて承認されている。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Crypto Firm Grayscale Hits $60 Billion AUM, Overtaking Top Gold ETF

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。