富士通、ブロックチェーン活用プラットフォーム「Botanical Water Exchange(BWX)」で水不足問題を解消

大手エレクトロニクス企業の富士通は、イギリスのBotanical Water Technologies(BWT社)と協力し植物由来の飲用水取引が可能なブロックチェーンプラットフォーム「Botanical Water Exchange(BWX)」を開発することが分かった。

国際連合によると世界の40億人以上が、水不足に悩まされておりこれは実に世界人口の3分の2に相当する。BWT社は、食品加工の際に圧縮により発生する植物由来の水を純粋「Botanical Water」に精製する技術を保有。富士通のブロックチェーンソリューション「FUJITSU Track and Trust」を活用したプラットフォームBWXにより、Botanical Waterの精製、販売、配送などの工程のトレーサビリティと水取引を可能にするという。

サトウキビを加工する砂糖工場や野菜や果物のジュース工場、さらにアルコールの蒸留などで廃棄されてきた水は、Botanical Waterに精製でき、プラットフォーム上で食品や飲料メーカーへ販売したりすることができる。これにより、廃棄されていた60%の水が回収できるほか、ウォータークレジットを購入することで、ESGの推進や水不足問題に貢献することが可能となる。また、自社工場内でのBotanical Waterの再利用は、「BWX」を介し近隣のBotanical water精製工場から購入することで、輸送コスト削減を促進し、カーボンニュートラルへの貢献にもつながるという。

富士通のブロックチェーンソリューション「FUJITSU Track and Trust」はこれまでに、世界最大といわれるビールメーカーAB InBevが提供する自社ビールLeffe(レフ)で、大麦の生産農家から消費者に至るまでのトレーサビリティを提供している。

「FUJITSU Track and Trust」は、ブロックチェーンをビジネスに活用するための認証やユーザー権限管理、UI、インフラ、ネットワークなどあらゆるケースに適合するアジャイル手法(仕様変更が容易なプロジェクト形式に用いられる)でプラットフォームを構築できるのが特徴。今回のケースでは、輸送ネットワークのプラグインとして輸送、サプライチェーンの追跡、水のダイナミックプライシング、ウォータークレジットの追跡と実装を機能させる。BWXを通じ、売買に関連するあらゆるステークホルダーが繋がり、透明性の高い取引が実現できるとしている。

【参照記事】富士通のブロックチェーンソリューションを活用し、世界の水資源不足を解決する水取引プラットフォームの構築を開始

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。