デジタル通貨とSuicaが連携。ディーカレット、連携に向け協議会を立ち上げへ

3メガバンクとJR東日本などは、デジタル通貨や電子マネーの相互利用に向けた検討を始めるという。6月3日、日本経済新聞が報じている。

報道によると、3メガのデジタル通貨がJR東のSuicaと連携できるようになる。近年、デジタル通貨や電子マネーを使うキャッシュレス決済は急速に利用者が増えている。参入が相次いで競争が激しくなっており、囲い込みより利便性を高めて顧客の裾野を広げる考えだ。

デジタル通貨や電子マネーなど電子決済は規格が乱立しており、ユーザーはひとつの電子決済サービスを使うのではなく利用シーンにあわせて複数サービスを使い分けることが一般的だ。今回の連携に向け、IIJの持分法適用会社で暗号資産交換業を行うディーカレットは協議会を立ち上げ、3メガバンクやJR東など10社が参加する他、金融庁や経済産業省、日銀もオブザーバーとして参加するという。協議会の取り組みはキャッシュレス化を促していくのか、注目していきたい。

【関連記事】DeCurret(ディーカレット)の口コミ・評判・口座開設
【参照記事】デジタル通貨と「スイカ」連携、3メガ銀・JR東など検討

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。