2つのビットコインETF上場に伴い暗号資産ファンドへの資金流入は過去最高に

ビットコイン先物ETF上場に伴い、暗号資産ファンドへの流入額が過去最高となる15億ドルに達している。今週の流入額はビットコインが99%のシェアを占めており、先週の流入額7,000万ドルに対して大幅に新規資金が投入されていることがわかる結果となった。

CoinSharesによれば、これは先物ETF上場に後押しされたもので、ビットコイン価格が過去最高値の66,974ドルまで急騰したことも要因として挙げられている。10月15日、SECは初となるビットコイン先物ETF「ProShares Bitcoin Strategy ETF」を承認、10月19日にニューヨーク証券取引所でティッカーシンボル「BITO」で取引を開始。また、10月22日には「Valkyrie’s Bitcoin Strategy ETF」がナスダックに上場している。

両ファンドの手数料は0.95%となっているが、月曜日に新たにニューヨーク証券取引所に上場予定のVanEckのビットコイン先物ETFは手数料が0.65%となっており、投資家はより安価な商品を選択する可能性があることからさらなる資金の流入も期待されている。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Competing Bitcoin ETFs Gear Up For ‘Brutal Fee War’

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。