コインチェック、IEO事業の検討を開始へ

コインチェック株式会社は8月22日、ユーティリティ・トークンによる資金調達支援事業IEO(Initial Exchange Offering:イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)の検討開始を発表した。

IEOは、トークン発行により資金調達を行うICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)の中でも、仮想通貨取引所が主体となってトークンの販売を行うモデルだ。ICOがもつ「資金調達コストの削減」「ファンコミュニティや独自の経済圏の創造」「エクイティの分配を必要としない資金調達」といったメリットを踏襲しつつ、仮想通貨取引所が販売トークンの審査を行うことで、ICOよりも高い信頼性をもつ資金調達手段として海外の仮想通貨取引所を中心に注目を集めている。

コインチェックでは、金融庁認定自主規制団体の規則及びガイドラインに基づき、対象事業の審査を行った上で、企業やプロジェクト等の発行体から委託を受け、暗号資産の販売などの業務を支援していく予定だという。


【引用】Coincheck:「ユーティリティ・トークンによる資金調達支援事業の検討開始について

コインチェックでは当該事業開始の検討にともない、既にコンテンツを保有していてファンコミュニティと一緒に事業を成長させたいプロジェクトなど、ユーティリティ・トークンを活用した新たな資金調達スキームの構築を検討する企業・プロジェクトを募集している。

【関連記事】Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判・口座開設
【申込みフォーム】IEO事業 申請フォーム


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」