中国人民銀行、ビットコインマイナーへの電力供給を制限する方針

経済成長が著しい中国の中央銀行(中国人民銀行)は、今月3日に開かれた非公開の会合で、地方当局にビットコインマイニングのための電力供給を規制する指示を出し、マイニングの規模を段階的に縮小する計画を明らかにしたと複数メディアが報じている。

中国当局は、以前から特定の地域で電力価格の低さを利用したビットコインマイニングが行われ、場合によっては正常な電力使用に影響を与えていることを懸念していた。

これに伴い、地方当局はビットコインのマイニングを原因とした高い電力消費を調査するよう求められている。規制には、国内の電力供給を監査する国家発展改革委員会などの団体も関与する予定だ。

中国は、昨年の9月にはICOを全面禁止し、すべての仮想通貨取引所を閉鎖した。一方で、個人ルートで仮想通貨の取引が行われていたり、膨大な電力を消費してビットコインマイニングが活発に行われていたりする地でもある。今後の続報を待ちたい。

【参照記事】China central bank can tell local governments to regulate bitcoin miners’ power use: source
【参照記事】China to Curb Power Supply for Some Bitcoin Miners
【関連ページ】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法(BTC)

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」