中国工業情報化省傘下のシンクタンクCCID、仮想通貨プロジェクトの技術評価指数を公開

中国工業情報化省傘下のシンクタンクである「中国電子信息産業発展研究院(CCID)ブロックチェーン研究所」は4月10日、17回目となる仮想通貨プロジェクト格付け「グローバルパブリックチェーンテクノロジー評価指数」をリリースした。

CCIDのランキングは37種類にわたる仮想通貨プロジェクトについて「基本技術」、「適用性」、「創造力」の3カテゴリー毎に採点し、総合的に評価している。CCIDの最新レポートによると、「2020年2月から3月にかけて、世界的なコロナウィルスのパンデミックの影響により、選定されたパブリックチェーンのアップデートがスローダウンしており、全体的にインデックスはあまり変化していない」。

格付けランキングのトップはイオス(EOS)、2位にトロン(TRX)、3位がイーサ(ETH)と、2月に公開された前回格付けと同様だった。一方、ビットコイン(BTC)は前回11位から14位に下げており、XRPも同様に13位から16位に後退している。

カテゴリー毎の評価を見ると「基本技術」はイオス(EOS)がトップ、次点にトロン(TRX)、IOSTが続いた。「適用性」はイーサー(ETH)が首位、トロン(TRX)とネビュラス(NAS)が続いた。「創造力」のカテゴリーではビットコイン(BTC)が他の通貨を大幅に上回った。イオス(EOS)とイーサー(ETH)が0.1ポイント差で続いた。

パブリックチェーンの技術評価は、政府機関、企業、リサーチ機関、技術開発者向けのCCIDグループのコンサルティングサービスに役立てるねらいで2018年に開始された。2019年10月に習近平中国国家主席がブロックチェーンを国策と名指しして以来、CCIDのレポートは投資家の間で意識されている。なお、中国政府はブロックチェーンを推進するが、仮想通貨は禁止し続けている。

総合評価で7位クオンタム(QTUM)や8位ネオ(NEO)など、中国由来のプロジェクトが上位に並び、また4位リスク(LSK)や9位ステラ(XLM)などのプラットフォーム系プロジェクトが高く評価される傾向がある。

【参照記事】赛迪研究院发布全球公有链指数:比特币排名第14,排第1的还是它(附完整榜单)

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」