2021.5.3 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは方向感のない動き】

先週末のビットコイン相場は上下に振れるも方向感が出ない展開に。

58,000ドルを超えていたビットコインだが、56,000ドル付近まで一時短時間で急落するも横ばいの動きとなり、その後再度58,000ドル付近まで反発する動きとなっている。

イーサリアムの最高値更新が続いている中、アルトコインが牽引する仮想通貨相場というポイントに変化はないか。イーサリアムは日本円で大台の30万円を突破しており、日本人のホルダーは嬉しい相場展開となっている。

56,000ドルまで下落したタイミングで大口送金がアメリカの仮想通貨取引所Coinbaseで確認されており、大口投資家がビットコインを押し目と判断して買い集めていると想像できるフローが見られた。

先週はアメリカでFOMCが開催、引き続き金融緩和の姿勢が維持されたことが相場にいい影響を与えており、緩和相場が継続する段階では仮想通貨市場も下落しにくい環境が続くというコメントが出ている。

チャートでは上昇方向を示唆しており、ボリンジャーバンドでは中心線で綺麗に支えられた形となっていることから、本日は59,000ドルを目指す動きが出ると予想している。淡々とロングポジションで仕込みつつターゲットは59,000ドル付近がベストか。

下落方向に備えるフローもオプション市場では出ているため、夜中持ち越してポジションを保有することは控えたほうが賢明と考えている。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12