2021.4.1 暗号資産マーケットレポート【ビットコインは上値が重い展開に】

昨日のビットコイン相場は再度60,000ドルブレイクを目指すも再度抜けきれず揉み合う展開に。60,000ドルワンタッチ後は再度58,000ドル台半ばまで反落し、その後59,000ドル台半ばまで反発する動きとなっている。

昨日の大きなニュースとして、米投資銀行ゴールドマン・サックスが富裕層向けにビットコイン投資商品の提供を公表したことを相場は好感した様子。しかし、アルケゴス問題による米株の上値の重さや機関投資家からのビットコインへのフローが停滞しつつあることで強弱混在といったところか、リスクアセット全体が昨日は重い動きとなった。

アルトコインではトロンが昨日50%以上の急騰。材料として、TRXのバーンやJustion Sun氏のNFT絡みの落札などが影響した格好となっている。継続するかは不透明だが今のところは上昇バイアスがかかりやすいか。

テクニカルでは60,000ドルを超えるかどうかが短期的な転換点ということもあり、60,000ドルを超えるまではショート、超えてくると短期的にはロング方向でデイトレードを行うのがベター。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】BITPointに上場したトロンとは?特徴や提携先、将来性を解説

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12