bitbank、3月17日よりBAT取り扱い開始。暗号資産レンディングや取引手数料無料キャンペーンも実施へ

暗号資産交換取引所bitbankを運営するビットバンク株式会社は、暗号資産ベーシックアテンショントークン(BAT)の取扱いを2021年3月17日より開始することを発表した。

BATは、Brave Softwareによって開発された次世代ブラウザ「Brave」を通じて利用できる暗号資産。具体的な利用用途として、広告主はBATを使用することでBrave上に広告を掲載することができ、広告を閲覧したユーザーは対価としてBATを受け取ることができる。また、Brave上のコンテンツクリエイターを支援する目的で投げ銭にも使用することができる。

bitbankでは、現物取引所の取り扱いペアにBAT/JPY、BAT/BTCの2つが追加される。同取引所が提供する「暗号資産を貸して増やす」サービスにおいても、BATが追加され、取り扱い開始と同日の3月17日から募集が開始される。また、BAT取り扱い開始に伴い、BAT/JPYおよびBAT/BTCの取引手数料無料キャンペーンが実施されるという。

暗号資産レンディングは暗号資産を取引することなく暗号資産保有量を増やすことができる運用手法として知られている。暗号資産の長期保有を考える投資家であれば、同社をはじめ暗号資産レンディングサービスを提供する取引所の利用を検討してみてはいかがだろうか。

【関連記事】bitbank(ビットバンク)の口コミ・評判・口座開設
【関連記事】ベーシックアテンショントークン(BAT:Basic Attention Token)とは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。