アクサIM、20年度スチュワードシップ・レポートを発表。コロナ禍でもエンゲージメントは47%増加

アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社は、欧州時間の4月6日発表した「2020年アクティブオーナーシップおよびスチュワードシップに関するレポート」で、同社は20年に300超の発行体とエンゲージメント(投資対象企業との建設的な対話)を行ったと報告、新型コロナウイルス感染による厳しい環境下ながら、19年の217発行体に対して、47%の増加となった。20年のエンゲージメントの80%以上が、国連のSDGs(持続可能な開発目標)に関連したものだった。エンゲージメントが最も多かった分野は「気候変動」(27%)、「資源・生態系」(18%)、「コーポレートガバナンス」(16%)。さらに「人的資本」(15%)、「公衆衛生」(9%)などが続いている。

同社は20年に319の発行体に対してエンゲージメントを行い、6247の株主総会で投票し、6万5827の企業決議に投票した。エンゲージメントは「投資家にとって最も喫緊かつ重要」と同社が考える分野で、年間を通じて50カ国以上の企業に行われた。同社の議決権は、責任投資(RI)ロードマップの優先事項に沿って気候変動、生物多様性、人的資本、ジェンダーの平等、公衆衛生、データのプライバシー、コーポレートガバナンスに行使された。

レポートによると、同社は20以上のエンゲージメント・マイルストーンを記録し、エンゲージメントの奏功によって、発行体に具体的な変化がもたらされた。同社からのエンゲージメントに関して対応がされなかったケースはなかったという。また、発行体とのエンゲージメントに関して30以上のケースでエスカレーションさせ、年次株主総会での決議提案やいくつかのケースではダイベストメント(投資撤退)を行った。

同社は、投資家にとって最も重要と考えられる気候変動、生物多様性の喪失、ジェンダーの平等、公衆衛生といった分野でのエンゲージメント活動拡大に重点を置き、21年以降のプラスの変化をけん引していく方針だ。

【関連サイト】アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」