2021.4.13 暗号資産マーケットレポート【ビットコインは二番天井形成】

昨日のビットコイン相場は一時61,000ドル台半ばの最高値更新を模索するも失敗し、60,000ドルまで調整する展開に。一方で60,000ドルは底堅く推移しており、60,000ドルを一気に割れていくような雰囲気でもない状況。

現物が買われている勢いが衰えている状況であり、ここから一段高となるかは少し怪しいと個人的には考えている。

昨日はDeFi関連のUniswapやSUSHIが上昇しており、本日これらの銘柄が上昇を継続させるか少し注目するポイント。また、昨日は米大手仮想通貨投資企業Galaxy DigitalがETFを申請しており、引き続き仮想通貨ETFの上場させようとする動きが継続している。

ビットコインのテクニカルでは61,000ドル台半ばで天井となっており二番天井を形成。再度61,000ドルを突破してくればついていくしかないが、60,000ドルを明確に割れてきた場合は短期でショートエントリーを検討。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12