DeCurret 、2020年1月度のビットコインスプレッド実績を公開

東証一部上場の株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)の関連会社である株式会社ディーカレットは2月6日、2020年1月度ビットコイン(BTC)スプレッド実績を公開した。

同社はカバー先各社の価格から弊社独自のレートを生成、取引における透明性を保つため、レバレッジ取引における過去のスプレッド実績を公開している。スプレッドとは、利用者へ提示する購入レートと売却レートとの差で、取引に際し利用者が負担する金額となる。


【引用】DeCurret「2020年1月度ビットコイン(BTC)スプレッド実績」から作成

スプレッド提示率の計算方法は、1秒未満の全取引における最大スプレッドをその秒の代表スプレッド値として集計。期間中の取引時間を分母に、代表スプレッド値が各金額の範囲内であった時間の割合となる。

【関連記事】DeCurret(ディーカレット)の口コミ・評判・口座開設
【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】2020年1月度ビットコイン(BTC)スプレッド実績

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。