PoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)とは・意味

PoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)とは、仮想通貨の所有量と保有量から算出される「コインエイジ」によって、仮想通貨のマイニング難易度が調整されるコンセンサスアルゴリズムを指します。PoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)のようにハッシュパワーによる自由競争の激化を低減する仕組みとして考案されました。

PoSには、環境に配慮されていること、マイニング寡占化の防止されていること、という2つのメリット存在しています。温暖化対策に悪影響をもたらす可能性があるPoWの代替手段として、PoS導入によって環境への悪影響が軽減されることが期待されています。また、コインエイジの概念が導入されれば、一部のマイナーによるマイニング報酬の寡占化も解消される可能性があり、個人でもステーキングによりイーサを獲得することが可能と言われています。

    PoSを採用した仮想通貨

  • peercoin
  • NEO
  • Cardano
  • Qtum
  • Stratis

PoSに関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。