韓国ウリィ銀行が邦銀とRippleを活用した海外送金のテストを実施

韓国のウリィ銀行は1月18日、Rippleのブロックチェーン技術を利用した新しい国際送金サービスのテストが第二段階に入ったことをTHE INVESTORが報じた

ウリィ銀行は今回の取り組みで日本の3つの銀行との間でクロスボーダー決済が成功するかを確認する。テストに続き、内部フィードバックを行い、ユーザーへのサービスに適用するか慎重に検討を進める。この作業には、少なくとも5〜6ヶ月を要するものとされている。

同プロジェクトは、以前もHEDGE GUIDEで紹介したSBI Ripple Asia、韓国の大手銀行であるウリィ銀行と新韓銀行、日本の61銀行からなる銀行コンソーシアムとの間で2017年12月にローンチされたパートナーシップの一環だ。

銀行間での国際送金が即時に行われ低価格になる決済サービスが実用化すれば、クロスボーダー取引がより流動的になり取引額も増えることが予想され、国際経済を活性化させる大きな可能性がある。

Googleも出資した国際送金ソリューションサービスを提供するRippleは、すでにAmerican Express、Standard Chartered、UBSなど世界中で100を超える銀行や金融機関と提携しており、これからの同社・同社技術を活用したさまざまな取り組みに注目が集まっている。

【関連記事】リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・購入方法
【参考記事】Woori Bank conducts 2nd test for Ripple-based overseas wire transfers

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」