SBIバーチャル・カレンシーズ、新規口座開設の申込み受付を開始

SBIホールディングスのグループ会社SBIバーチャル・カレンシーズが運営する仮想通貨取引所VCTRADEは7月17日、新規口座開設の申込み受付を開始した。

SBIバーチャル・カレンシーズは2017年9月時点で金融庁から仮想通貨交換業の登録を受けている仮想通貨取引所だ。同社はセキュリティ態勢の構築を理由として仮想通貨交換業の開始を延期していたが、先月に先行登録者を対象としてプレオープンが実施されていた。

VCTRADEは7月18日時点でXRP、ビットコインキャッシュ、ビットコインの現物のみを取り扱っている。同取引所は住信SBIネット銀行からの入金のみの受付となっているが、他の取引所と比較して入金がシームレスに行える仕組みはグループ会社に銀行をもつSBIホールディングスならではの特徴だ。

仮想通貨市場が低迷する中、大手金融機関が運営する取引所の正式サービスローンチは仮想通貨コミュニティから期待を集めている。

【関連記事】SBIが仮想通貨取引に参入。早くて2018年夏にも取引開始か
【関連記事】VCTRADE(VCトレード)の口コミ・評判・口座開設
【関連記事】リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】ビットコインキャッシュとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」