英TransferGo、2020年中にもリップルのODL導入へ

イギリスの送金会社TransferGo(トランスファー・ゴー)は、提携しているリップルのODL(On demand Liquidity・旧xRapid)を2020年中にも導入する計画を明らかにした。11月25日、リップル公式サイトが報告している。

TransferGoの共同設立者兼CEOのDaumantas Dvilinskas氏は増加する顧客に対し、「2020年には数分でも競争力に劣る。そこでXRPを介したRippleNetのODL採用を検討している」と述べている。同社の送金手数料は最大0.99ユーロ(翌日送金)で、銀行の最大29%と比較しても低コストだ。そうした中でこの度、顧客のニーズに答え、即時決済以外の送金手数料が無料になるサービスも開始した。同社は、今後東南アジア、ラテンアメリカ、アフリカの新しい市場へもサービスを拡大する予定だ。

TransferGoは2012年にイギリスで創立され、低コストで国際送金サービスを提供している送金企業。現在、47か国で22の通貨に対応し、ロンドンを中心にヨーロッパ各地にオフィスを構える。同社の提供する国際送金の所要時間は通常1日で、国によっては最短30分で送金が完了する。2018年9月にリップルと提携を結んだTransferGoは、インド移民向けの送金サービスにリップルの送金網を導入している。

世界銀行によると、世界最大の国際送金先はインドで、年間790億ドルにも達しており、年間14%もの成長率が認められている。

【関連記事】XRP(エックスアールピー)とは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】TransferGo Partners With Ripple to Offer Global Real-Time Payments Everywhere to Everyone

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」