トレードファイナンスに分散型金融(DeFi)を活かす取り組み。MakerDAOが着手

ブロックチェーンのレンディングプロトコルであるMakerDAO(メイカーダオ)は、米ドルの価値に紐づけされたステーブルコイン「DAI」の裏付け資産として、トークン化された現実世界の資産を含める取組みを進めている。ニューヨークのデジタル資産とブロックチェーンニュースメディアThe Blockが6月9日、伝えている。

MakerDaoとは、仮想通貨を担保にステーブルコインDAIを発行するレンディングプロトコルだ。自立分散型組織(DAO)として運営され、ガバナンストークン「MKR」の保有者が投票を介してネットワークを管理している。これまでDAIは、イーサリアム(ETH)やベーシック・アテンション・トークン(BAT)などの仮想通貨を担保資産としてきた。

スタートアップCentrifugeが提出した「トークン化された現実世界の資産」を担保資産に加えるプロポーサルは、6月初旬のコミュニティ投票で賛成多数で可決した。2つの新しい担保資産となるのは、ConsoleFreightという物流システムで取り扱う貿易書類等のインボイスと、Paperchainという音楽配信サービスのロイヤリティをそれぞれトークン化したものだ。

NFT(非代替性トークン)担保型ローンシステムTinlakeを構築しているCentrifugeは、今後数か月かけてオラクルの選択やリスクモデル開発、スマートコントラクトのセキュリティ監査に着手する。その後、イーサリアム・スマートコントラクトへの統合についてMakerDAOで最終的な投票が実施される見通しだ。

MakerDAOの投票結果は、分散型金融(DeFi)領域に初めてトレードファイナンスを取り入れる可能性を切り開いている。ステーブルコインDAIは主要な仮想通貨取引所に上場しているため、Centrifugeのユーザーは仮想通貨ローンを換金することで、事業資金を調達できる。MakerDAOの創設者であるルーン・クリステンセン氏はCoinDeskに対して、より多くの現実世界の資産を取り入れる意向を示している。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】MakerDAO community greenlights first ‘real-world’ assets for use as collateral

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。