2019年のサステナブル投資残高336兆円、前年比45%増。JSIF調査

NPO法人の日本サステナブル投資フォーラム(JSIF)は2月7日、「サステナブル投資残高アンケート調査」の結果のサマリーを公表した。国内に拠点を有する43の機関投資家のサステナブル投資合計額は前年比45%増の336兆396億2000万円となった。

サステナブル投資残高合計(金額は百万円単位)は2018年231兆9522億円から増え、機関数も42から43に増えた。総運用資産残高に占める割合は41.7%(2018年)から55.9%(2019年)となっている。

2019年の運用手法ごとのサステナブル投資残高はESGインテグレーションが177兆5441億円(前年比46%増)ポジティブ・スクリーニング11兆6851億円(同82%増)、サステナビリティ・テーマ型投資3兆4540億円(同72%増)、議決権行使187兆4353億円(同42%増)、エンゲージメント218兆6144億円(同55%増)、ネガティブ・スクリーニング132兆2326億円(同663%増)、国際規範に基づくスクリーニングが25兆5608億円(同19%減)となった。

運用手法について、JSIFは次のように定義している。ESGインテグレーションは、通常の運用プロセスに ESG要因を体系的に組み込んだ投資。投資前の ESG評価・スクリーニング、デューデリジェンス、投資後のモニタリングやエンゲージメントを指す。ポジティブ(ベスト・イン・クラス)・スクリーニングは、業界の同業他社と比較し ESG 関連の評価が高い企業などへの投資。サステナビリティ・テーマ型投資は「株式」が再生可能エネルギー、環境技術、農業、女性活躍、SDGs などのサステナビリティ・テーマ・インパクトに着目した株式投資。「債券」はグリーンボンドやワクチン債などに着目した債券投資。「その他資産」は不動産、コミュニティ投資など。

エンゲージメントは、エンゲージメント方針に基づき、株主として企業と建設的な対話を行う、あるいは議決権以外の株主権を行使すること。ネガティブ・スクリーニングは倫理的・社会的・環境的な価値観に基づいて、特定の業種・企業を投資対象としない。国際規範に基づくスクリーニングは、国際機関(OECD、ILO、UNICEF 等)の国際規範に基づいた投資。

資産クラスごとのサステナブル投資残高は、日本株127兆8836億円(前年比7%減)で、外国株 81兆5453億円(同1%増)、債券146兆1783億円(同406%増)、PE 1兆7321億円(同514%増)、不動産6兆7759億円(同46%増)、ローン10兆4555億円(同2%増)、その他6兆3211億円(同34%増)だった。

調査は2015年から実施しており、詳細レポートは2020年4月に公表予定。

【参考記事】JSIF「サステナブル投資残高アンケート2019調査結果」(PDF)

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」