ESG経営先進企業は?サステナ、第3回「SUSTAINA ESG AWARDS 2020」の受賞企業を発表

サステナビリティ(ESG/SDGs/CSR)に特化した情報プラットフォーム「SUSTAINA(サステナ)」を運営するサステナ株式会社は9月3日、サステナビリティ活動に積極的に取り組む企業を表彰する制度「SUSTAINA ESG AWARDS」の2020年度の受賞企業を発表した。サステナのミッションのひとつ「企業のサステナビリティ活動が、更に活性化する仕組みをつくる」の一環として実施しており、今年3回目。「先進的な受賞企業を模範に、多くの企業でサステナビリティ活動が活性化すること」を目的とする。

アワードは「総合」「ESG」「業種別」の3部門。総合部門はESGスコアと財務スコアからなる総合スコアの上位100社を「ESG経営先進企業」として選定。上位20社をゴールドクラス、30社をシルバークラス、50社をブロンズクラスで表彰する。ESG部門は「ESG経営先進企業」の中からE(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)、各スコアの高い3社をゴールド、シルバー、ブロンズで表彰する。業種別部門は、東京証券取引所・証券コード協議会が定めている33業種毎に、総合スコアの高い3社をゴールド、シルバー、ブロンズで表彰する。受賞企業には積極的なサステナビリティ活動を称え、受賞ロゴマークを授与する。

総合部門の「ゴールドクラス」は以下の通り(証券コード順)。住友林業、NECネッツエスアイ、アサヒグループホールディングス、ヒューリック、クレハ、中外製薬、小野薬品工業、第一三共、資生堂、ファンケル、横浜ゴム、ダイキン工業、オムロン、日本電気(NEC)、富士通、アドバンテスト、島津製作所、伊藤忠商事、日本ユニシス、サントリーホールディングス。「シルバークラス」は積水ハウス、綜合警備保障(ALSOK)、協和キリン、アステラス製薬、大日本住友製薬、コニカミノルタ、ライオン、出光興産(出光昭和シェル)、ブリヂストン、TOTO、ナブテスコ、荏原製作所、ダイフク、明電舎、セイコーエプソン、ソニー、横河電機、シスメックス、カシオ計算機、村田製作所、ヤマハ発動機、リコー、大建工業、凸版印刷、リンテック、日立ハイテク、ユニ・チャーム、大阪ガス、日立システムズ、ファーストリテイリング。

「ブロンズクラス」は国際石油開発帝石、前田建設工業、日清製粉グループ本社、明治ホールディングス、伊藤園、不二製油グループ本社、双日、キユーピー、ニチレイ、日清食品ホールディングス、野村不動産ホールディングス、帝人、東レ、昭和電工、住友化学、日産化学、信越化学工業、JSR、積水化学工業、日本化薬、日清医療食品、エーザイ、伊藤忠テクノソリューションズ、マンダム、コーセー、ポーラ・オルビスホールディングス、住友ゴム工業、日立建機、グローリー、日立製作所、日本電産、ジーエス・ユアサ コーポレーション、パナソニック、TDK、アズビル、京セラ、ヤマハ、任天堂、豊田通商、キヤノンマーケティングジャパン、芙蓉総合リース、リコーリース、SOMPOホールディングス、三井不動産、三菱地所、SGホールディングス、日本電信電話(NTT)、東京ガス、SCSK、セコム。

ESG部門では、E(環境)で大阪ガス、ダイキン工業、パナソニック、S(社会)で日本電気(NEC)、アサヒグループホールディングス、サントリーホールディングス、G(ガバナンス)でクレハ、アサヒグループホールディングス、セイコーエプソンが選定された。

【参照リリース】SUSTAINA ESG AWARDS 2019 受賞企業一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」