シンプルな販売サービスから高機能レバレッジ取引まで、オールインワンな暗号資産取引所2選

暗号資産取引所は取引手数料や取扱銘柄などそれぞれ違いがあり、どこの取引所に登録をすれば良いのか迷う方も多いでしょう。暗号資産(仮想通貨)の取引方法は販売所方式と取引所方式がありますが、初心者の方がつまずきがちなのがこの取引方法の違いです。

そこで、ここでは2つの取引方法の特徴と、両方を網羅している暗号資産取引所についてご紹介します。これから暗号資産投資を始めようと検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 「販売所方式」と「取引所方式」、暗号資産取引サービスの違い
    1-1. 簡単に資産を売買!「2way方式」の販売所とは
    1-2.「板取引」を利用する取引所方式とは
  2. 暗号資産FXと板取引で多くのアルトコインを取り扱うGMOコイン
    2-1. 販売所と取引所を備え、レバレッジ取引も可能
    2-2. 目的に合わせて2種類のアプリを利用できる
    2-3. 「貸暗号資産」で着実に保有量を増やせる
  3. ビットコイン取引量国内 No.1のbitFlyer
    3-1. ビットコイン取引量国内 No.1のbitFlyer Lightning
    3-2. 利用率国内No.1のスマホアプリ
    3-3. ポイント投資やアフィリエイト報酬でビットコインを取得できる
  4. まとめ

①「販売所方式」と「取引所方式」、暗号資産取引サービスの違い

1-1. 簡単に資産を売買!「2way方式」の販売所とは

GMO Coin lever
最初に販売所についてご説明しましょう。販売所は「買値」と「売値」だけがシンプルに表示された「2wayプライス」となっています。販売所方式は、投資家は運営会社を相手に暗号資産を購入(売却)します。

そのため、販売所は提示されている売買価格ですぐに購入(売却)できる利点があります。一方、買値と売値の差(スプレッド)が実質的な手数料となっており、市況に応じてスプレッドは拡大するため注意が必要です。

1-2. 「板取引」を利用する取引所方式とは

GMO coin 2
取引所は、「売買板」と呼ばれる売買注文を表した情報を使って、ユーザー同士で資産を取引するものです。販売所と比べて手数料を低く抑えられる利点がありますが、希望の数量を買い集めるまでに取引相手(売り注文を出す投資家)を待つ必要があります。

②暗号資産FXと板取引で多くのアルトコインを取り扱うGMOコイン

bitFlyer
GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する暗号資産取引所です。GMOインターネットはグループ会社にGMOクリック証券などの金融サービスの提供実績をもっており、GMOコインにおいても金融ノウハウを活かした運営が行われていることが特徴です。GMOコインでは法定通貨の出金、暗号資産の入出金の手数料が無料に設定されています。また法定通貨の入金では、GMOあおぞらネット銀行、ジャパネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行が手数料無料で振込ができます。

2-1. 販売所と取引所を備え、レバレッジ取引も可能

GMOコインは「販売所」と「取引所」、「暗号資産FX」の3つの取引サービスを提供しています。販売所と暗号資産FXでは9種類の暗号資産を売買でき、取引所は5種類の銘柄で現物取引とレバレッジ取引を利用できます。取引所のメイカー(指値注文)でマイナス手数料を採用しているため、頻繁に取引を行う方にとって特にメリットがあります。(レバレッジ取引のマイナス手数料はBTC/JPYのみとなっています)。

2-2. 目的に合わせて2種類のアプリを利用できる

GMOコインは2種類のスマホアプリを利用できます。「GMOコイン 暗号資産ウォレット」は、暗号資産の「販売所」、「取引所(現物・レバレッジ取引)」、日本円入出金、暗号資産の預入・送付、口座情報の確認・更新などを利用できます。初心者から上級者まで幅広く利用されています。

一方、GMOコインが提供する暗号資産FX専用アプリ「ビットレ君」は、FX取引に必要な情報取得に特化しています。描画機能付きのチャートや、1分間に大きな価格変動が発生した際にプッシュ通知も搭載しています。ワンタップで新規・決済・ドテン注文が可能な「スピード注文」を備えているため、相場変動を逃さずに対応しやすくなっています。

2-3. 「貸暗号資産」で着実に保有量を増やせる

GMOコインはユーザーが所有している暗号資産を貸し出して最大年利3%の暗号資産を獲得できる「貸暗号資産」サービスを提供しています。利用者は、GMOコインが取り扱う9種類の暗号資産を日本円で10万円程度から、最短1か月間から貸し出せるようになっています。貸出期間と金利設定は、1か月(年率1%)と3か月(年率3%)の2パターンから選べ、毎月15日から貸出を開始できます。貸暗号資産はトレードに自信がない方でも確実にコツコツと暗号資産の保有量を増やすことができるので、投資家の間で人気が高まっています。

販売所 ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRP、ネム、ステラルーメン、BAT、OMG
取引所 ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRP
暗号資産FX BTC/JPY,ETH/JPY,XEM/JPY,XLM/JPY,BAT/JPY,BCH/JPY,LTC/JPY,XRP/JPY,OMG/JPY
最小注文数(BTC) 販売所:0.0001 BTC / 回
取引所:0.0001 BTC / 回
レバレッジ取引・暗号資産FX:新規・決済ともに 0.01 BTC / 回
取引手数料 ・取引所(現物)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
・取引所(レバレッジ)
Maker:-0.035%
Taker:0.040%
・暗号資産FX
無料
レバレッジ手数料 取引所(レバレッジ)、暗号資産FX共に0.04% / 日
法定通貨出金手数料 無料(最低出金額:1万円/回)

③ビットコイン取引量国内 No.1のbitFlyer

bitFlyer

株式会社bitFlyerが運営する暗号資産取引所bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。bitFlyerは2014 年の創業以来一度もハッキング被害に遭っておらず、顧客保護や強固なセキュリティ確保に力を入れています。Sqreen社の調査によると、世界140 の暗号資産取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得しています。

3-1. ビットコイン取引量国内 No.1のbitFlyer Lightning

bitFlyerは初心者にとって理解しやすい「販売所」と「簡単取引所」、そしてレバレッジ取引ができて条件注文も可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。bitFlyerの販売所はビットコインやイーサリアムを含む計8種類の暗号資産を取り扱っています。0.00000001 BTC(1円以下)から購入ができるので、少額でコツコツ積み立てたい人にもおすすめです。

bitFlyer Lightningは、現物取引(BTC/JPY)とレバレッジ取引(差金決済:BTC-FX/JPY、先物取引:BTC/JPY)でビットコインを取り扱っています。現物・差金決済・先物取引を含むbitFlyerのビットコイン取引量は国内No.1(2019年総月間出来高、Bitcoin日本語情報サイト調べ)であり、他の取引所と比較して注文が約定しやすいと言えます。

3-2. 利用率国内No.1のスマホアプリ

bitFlyerのスマホアプリ「bitFlyerウォレット」は、暗号資産取引だけでなく、実店舗でのビットコイン決済やTポイントとビットコインの交換、提携サイトでのショッピングの還元ポイントをビットコインでもらえる機能も利用できます。多機能なbitFlyerウォレットは、2020 年上半期「月間アクティブ利用者数 No.1」「ダウンロード数 No.1」を獲得しました(2020 年 1 月 – 6 月、App Ape 調べ)。リリースによると、投資経験のない若い年代のユーザーが、初めての投資として暗号資産取引を選んでいるケースが多いようです。

3-3. ポイント投資やアフィリエイト報酬でビットコインを取得できる

bitFlyerは日本を入金しなくとも、ビットコイン投資をスタートできる方法を用意しています。まず、「ビットコインをもらう」は、bitFlyerを経由してネットショッピングや旅行予約、ふるさと納税等の提携サイトを利用することで、商品・サービス毎に取引金額の一定割合のビットコインが付与されるサービスです。そしてTポイントプログラムは、Tポイント100ポイント毎に85円相当のビットコインと交換できるサービスです。このように、bitFlyerでは普段の生活で貯めたポイントを使って、気軽にビットコイン投資を始めることができます。

販売所 ビットコイン、イーサリアム、
XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、BAT、ネム、ステラ ルーメン
簡単取引所 ビットコイン
bitFlyer Lightning 現物: BTC/JPY、ETH/JPY、BCH/BTC、ETH/BTC
レバレッジ取引: BTC-FX/JPY、Lightning Futures
最小注文数(BTC) 販売所:0.00000001 BTC
簡単取引所:0.001 BTC
Lightning 現物:0.001 BTC
Lightning FX:0.01 BTC
Lightning Futures:0.001 BTC
取引手数料(取引所) 0.01%〜0.15%
(Lightning FX/Futuresの証拠金取引は無料)
レバレッジ手数料 建玉金額の0.04%/日
法定通貨出金手数料 三井住友銀行宛:3万円未満216円、3万円以上440円
その他の銀行宛:3万円未満540円、3万円以上770円

④まとめ

GMOコインとbitFlyerの取引サービスは、販売所と取引所の両方を兼ね備えていることから、初心者から上級者まで利用しやすい暗号資産取引所です。取引を簡単に済ませたいという目的であれば販売所、トレードで収益を狙う目的なら取引所という具合に取引方法を選択できます。またどちらにも本格的な取引が可能な高機能トレードツールがありレバレッジ取引が可能です。

またGMOコインには、ビットコインを貸出して利息を稼ぐこともできます。最大年利3%の「貸暗号資産」サービスを提供しており、自動的に貸し出しを継続さえることもできるので、暗号資産の長期保有を考えているならおすすめです。bitFlyerでは、「ビットコインをもらう」や「Tポイントプログラム」といった日本円を取引所に振り込まなくても、ビットコインを取得できるサービスがあるので、購入する前に保有してみたいという方にはおすすめのサービスです。

暗号資産取引所は自分の投資スタイルに合ったところを選ぶのがおすすめです。しかし長期投資と短期的なトレード投資を柔軟に利用したいなら、販売所と取引所が網羅された取引所に口座を作っておくのがおすすめです。暗号資産取引所は緊急のメンテナンスや取引制限が発生することもあるため、複数口座を開設しておくことで、いつでも取引できる環境を整えることができます。この機会にぜひ各社のサービスを実際に確認してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。