仮想通貨の利用者保護のための信託サービス、三菱UFJが4月に開始か

三菱UFJ信託銀行は金融庁の認可が得られればビットコインをはじめとした仮想通貨の信託サービス開始を今年4月にも予定していると日本経済新聞が報じた。

信託は、信託銀行が利用者本人に代わって財産を預かり、「信託財産」として管理する仕組みだ。取引所の財産と切り離して保管することで、取引所が口座から資金を不正に引き出すことはできなくなる。万が一取引所が倒産した場合でも、利用者の仮想通貨が差し押さえられる事態も避けられそうだ。コインチェックでの多額のNEM不正流出が起きた今、同サービスは資産管理の良い手段となりえるだろう。

【参照サイト】仮想通貨取引、「信託」で利用者保護

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」