国内電通グループなど7社、「SDGsビジネスソリューション」提供開始。サーキュラーエコノミー構築など支援

電通グループの株式会社電通国際情報サービス(ISID)は11月16日、電通、株式会社電通テック、株式会社電通ライブ、株式会社電通パブリックリレーションズ、株式会社電通デジタルの国内グループ各社と、「Material ConneXion Tokyo(マテリアルコネクション東京)」を運営する株式会社エムクロッシングの7社合同で、サーキュラーエコノミーの取り組みを支援するプログラム「SDGsビジネスソリューション」の提供を開始すると発表した。

SDGs(持続可能な開発目標)と商品の製造段階から回収・リサイクルを前提として廃棄ゼロを目指す仕組み「サーキュラーエコノミー」(循環型経済)の実現のため、事業戦略策定から素材選定、資源調達、デザイン、製造、サービス開発、回収リサイクルまでバリューチェーン全体のコンサルティングと、各プロセスにおける戦略的なコミュニケーションのサポートを行っていく。

「2030年のSDGs達成に向け、企業におけるサステナブル経営の実装が急務になっている一方でSDGsに取り組む企業からはさまざまな課題が表出している」とISIDは説明する。「廃棄ゼロを目指すと収益につながらない」「サステナブル視点での商品開発が進まない」「自社のみでは回収までできない」「社内外での理解が進まない」といった障壁だ。

SDGsビジネスソリューションは、コンサルタント約30人を擁するグループ横断の専門組織「電通Team SDGs」を中心に、国内電通グループ各社と、世界最大級のマテリアルライブラリーを運営するマテリアルコネクション東京が協力。自社単独では難しい回収や、リサイクル企業などとの連携を推進する「つなぐ力」、世界最新のサステナブル素材の調達から製品開発まで行う「つくる力」、その活動を社内外へと効果的に広げていく「伝える力」によるサポートを実現。収益につながるSDGsを目指した、サーキュラーエコノミーの構築支援を行うというものだ。

ソリューションのメニューは①事業戦略に基づくサスティナブルロードマップの作成②商品の素材の選定やデザイン、製造開発③商品提供の仕組み構築/販売後の回収やリサイクル、アップサイクルの仕組み構築④サーキュラーエコノミーを実現するDXの導入⑤理解と共感を目的とした戦略的な情報発信。企業のコンディションに合わせて、「全体ソリューション」「部分ソリューション」を柔軟に提供する。

ISIDは、ブロックチェーン技術で地域農産品の生産履歴と取引状況を可視化するスマート農業データ流通基盤「SMAGt(スマッグ)」や、地域貢献につながる非金銭的な活動をスコア化することで「地域のまちづくり」を支援する「AYA SCORE(アヤ スコア)」など、社会課題を先端技術で解決する活動を推進している。これらの活動で培った様々なノウハウを活かす。本件と併せて、SDGs視点の「パッケージデザインガイド」を制作し、ダウンロードで活用できるよう展開、6社と協力してSDGsの推進に貢献を目指す。

マテリアルコネクション東京は東京都港区六本木にある、世界最大級の素材が集まる日本唯一のライブラリー。豊富なサステナブル素材をはじめ、包装材、建材、電子デバイスからアパレル素材・車の内装材など業界を横断する多種多様な素材がそろっており、毎月NYで選定された最新素材を見て触れて体感することができる。

【参照リリース】株式会社電通国際情報サービス 「国内電通グループなど7社合同で『SDGsビジネスソリューション』の提供開始」

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」