2020.11.16 暗号資産マーケットレポート【週末のビットコインは平穏なムードに】

先週末のビットコイン相場は上昇。16,000ドルを挟んで上下に一進一退の展開となっており、取引高も減少していることから一旦小休止という状況となった。

一方でイーサリアムは軟調な展開となっており、弱含みする動きとなってきているため、ビットコインを選好する動きは継続しているとみていいか。アルトコインが一旦物色されていた様な動きだったが、一旦週末で完了という様相となっている。

米国株市場は上昇しており、銘柄も景気敏感銘柄が上昇しているということを考えると引き続きファイザーのコロナワクチンによるニュースが投資家のマインドに影響している様子。米債金利も上昇しており、リスクオンのムードが出ている動きとなっている。

昨日は注目されていたビットコインキャッシュがハードフォークを完了しており、ビットコインキャッシュの価格は下落する動きを見せたが価格の動きに大きな影響は与えていない。

テクニカルでは一旦相場のエネルギーを溜めている様な動きとなっており、そろそろサイドも警戒すべき状況。短期的には15,800ドルで何度もサポートされているため本日はこのラインをブレイクするのか、このまま上昇するのか注目。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 【運営サイト】FXの車窓から