これからビットコインを購入する投資家が知っておくべき暗号資産投資の4つのポイント

2020年にビットコインは上昇傾向にあり、年初からのパフォーマンスは伝統的な資産クラスを上回っています。11月5日には2018年1月8日以来初めて160万円を越え、2017年末につけた200万円強の過去最高値回復への期待も高まっています。

ビットコインへの投資を検討しつつも、価値の下落を警戒して慎重になっている方も多いのではないでしょうか。ここではビットコイン投資を検討している投資家に向けて、4つのポイントを解説します。

目次

  1. ビットコイン投資のポイント
    1-1. 余剰資金で行う
    1-2. まずは積立投資を検討する
    1-3. レバレッジ取引は避ける
    1-4. 情報収集は自分で行う
  2. ビットコイン購入におすすめの暗号資産取引所
    2-1. 500円相当から暗号資産を購入できるコインチェック
    2-2. SBIグループの暗号資産取引所SBI VC トレード
    2-3. ビットコイン取引量No.1のbitFlyer
  3. まとめ

①ビットコイン投資のポイント

1-1. 余剰資金で行う

余剰資金で行うことは投資の基本ですが、値動きの激しいビットコインではなおさら重要になってきます。余剰資金の範囲に留め、長期目線で投資をすることで、相場状況や一時的な急落に動揺することなく生活できる。市場動向やニュースの分析に手間をかけられない方でも、長期的に継続しやすくなっています。

暗号資産は最低購入単価が細かく設定されているため、少額からの購入も可能です。1BTCあたり100万円であれば、0.001BTC(1,000円台)から購入できる取引所もあります。お小遣い範囲でも取り組むことができるのが、ビットコイン投資の利点の一つです。

1-2. まずは積立投資を検討する

ポジティブなニュースが広まっているからといって、「買い時を逃してしまうから今すぐ買わないと!」と思って一度に資金投入をしてしまうと高値掴みとなりかねません。

こういう状況でこそ、資金を分割して投資にあてるドル・コスト平均法で購入を進めることがおすすめです。ドル・コスト平均法は時間分散をすることで、ボラティリティの影響を緩和することができます。積立投資は最終的な目標額や時期を決めておくことも大切です。

1-3. レバレッジ取引は避ける

レバレッジ取引とは、証拠金を担保に取引所から資金を借りて、資産の数倍の売買を行う方法です。暗号資産の価格の変動によっては、自己資金以上に損失を被る可能性があります。

暗号資産市場はボラティリティが激しいため、投資初心者の方はレバレッジ取引を避けたほうが良いでしょう。短期で利益をあげるにはテクニカル分析などの勉強と努力が必要になるため、まずは現物取引で着実に暗号資産投資に慣れていくことがおすすめです。

1-4. 情報収集は自分で行う

暗号資産に関するセミナーや勉強会も多く開催されていたり、中には友人・知人から暗号資産の購入を勧められたことがある方もいるのではないでしょうか。しかし、残念ながらこうした情報の中には間違った情報をもとに伝えられている情報も数多くあります。暗号資産は海外を中心に開発されているため、あらゆる情報は英語で発信されていることが一般的です。こうした情報を翻訳する段階で間違って誤った解釈をしてしまい、間違ったまま情報が拡散されていることも珍しくありません。誤った情報を参考に投資判断をすることは非常に危険です。

暗号資産に関する情報は、ブログやTwitter、Telegram、discordなど、さまざまな情報源から入手が可能です。最低限、それぞれの暗号資産プロジェクトの公式ページやフォーラムを確認することで、正しい情報を収集しましょう。

②ビットコイン購入におすすめの暗号資産取引所

投資初心者が初めて暗号資産を取引しやすい取引所をご紹介します。いずれも取引ツールがシンプルに設計されており、少額取引が可能なので気兼ねなく始められると思います。

2-1. 500円相当から暗号資産を購入できるコインチェック

Coincheck
コインチェックは、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。「新しい時代のお金をデザインすること」を創業理念に掲げているマネックスグループをバックグランドに持つコインチェックでは、ビットコイン/日本円の板取引を手数料無料で利用できます。

コインチェックは国内最多の14種類の暗号資産(ビットコイン、XRP、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、XEM、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、ライトコイン、モナコイン、ステラルーメン、クアンタム、BAT、IOST)を取り扱っており、最低注文金額が500円から購入できます。

コインチェックの販売所はインターフェイスが優れており、始めて暗号資産取引をする方でも直感的に操作ができるよう、シンプルに分かりやすくなっている特徴があります。

またコインチェックには、ドルコスト平均法に基づいた自動積立サービス「コインチェックつみたて」があります。これは毎月1万円から100万円の範囲で1,000円単位で設定でき、口座振替手数料と積立サービス手数料無料で暗号資産を自動的に購入できます。

2-2. SBIグループの暗号資産取引所SBI VC トレード

VCTRADE
SBI VCトレードはSBIグループのSBI VCトレード株式会社が運営する暗号資産取引所です。SBIグループは顧客中心主義とインターネット革命を標榜、デジタルアセット取引のグローバルスタンダードを目指しています。グループ会社である住信SBIネット銀行との連携やセキュリティ体制など、金融機関をバックグラウンドにもつサービスが提供されています。

SBI VCトレードの販売所ではXRP、ビットコイン、イーサリアムの3種類が取り扱われており、成行注文と価格指定注文をすることができます。またリップル/円をはじめとした銘柄において、業界最狭水準のスプレッドを強調しています。2018年7月の自社調べ(他社現物販売所サービスとのスプレッド比較)によると、SBI VCトレードのビットコイン販売所のスプレッドは2%を切っており、競合他社と比べて現物の販売所方式のスプレッドとしては最も狭くなっています。

VCTRADE Proでは、ビットコイン(BTC/JPY)、イーサリアム(ETH/JPY)、XRP(XRP/JPY)の3つの銘柄を取り扱っています。株取引で使われる「板」で暗号資産を売買したいトレーダーにおすすめです。VCTRADE Proの取引手数料は無料。マーケットメイカー(MM)が常時流動性を供給しているので継続的な取引機会が提供されています。

2-3. ビットコイン取引量No.1のbitFlyer


株式会社bitFlyerが運営する暗号資産引所bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。bitFlyerは初心者にとって理解しやすい「販売所」と「簡単取引所」、そしてレバレッジ取引ができて複雑な条件注文も可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。現物・差金決済・先物取引を含むbitFlyerのビットコイン取引量は国内No.1です(2019年総月間出来高、Bitcoin日本語情報サイト調べ)。

簡易取引所は初心者向けにわかりやすさを重視したUI(ユーザーインターフェース)となっています。簡易取引所ではビットコインのみが取引可能であり、アルトコインは基本的に販売所で利用することなります。販売所では、11種類の暗号資産(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、BAT、ステラルーメン、ネム)を取り扱っています。

bitFlyer Lightningは高機能取引ツールを利用できる取引所で、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ の取引に対応しています。bitFlyer Lightningはビットコインの証拠金取引(FX)にも対応しています。

③まとめ

ビットコインは誕生して約10年と、金融資産としてはまだ歴史が浅い市場です。ここ最近のビットコインは法定通貨のインフレヘッジとみなされるようになってきており、徐々に信頼が高まっています。暗号資産取引所のアンケート結果などでも、長期的な資産形成の手段としてポートフォリオに組み入れる投資家も増えていることがわかっています。これまで検討しながらなかなか踏み出せなかった方は、今回ご紹介したポイントを踏まえてビットコイン投資をスタートしてみてください。

暗号資産取引所での口座開設は無料でできるので、複数社のサービスを兼用するなど投資目的に応じて使い分けると良いでしょう。また複数の口座に資金を分散させることで、メンテンナンスなどのやむを得ない事情で取引所が利用できないリスクや万が一取引所がハッキングされてしまった場合のリスク回避にもなります。この機会に暗号資産各社のサービスを試してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。