リフィニティブ、国別SDGs国別達成度合いを評価。日本は20位

投資における指標として世界的に重視されているSDGs(持続可能な開発目標)で、優良な国はどこで、世界における日本はどれくらいのポジションか。金融情報サービスのリフィニティブが日本時間の10月29日に公表した国別SDGs(持続可能な開発目標)スコアは、国家レベルでSDGsへの取り組みの比較を試みたデータだ。同社は「データと分析を通じてグローバルな金融コミュニティを結び付けて前進させる」というコミットメントに基づき、このスコアをサステナブル(持続可能な)投資への移行を後押しするのに極めて重要なデータ指標と位置づけている。

スコアは、世界の210カ国、国連が掲げる17のSDGs目標、およびSDGsを構成する148のベンチマーク指標を網羅。各国の相対的なパフォーマンスを「透過的かつ客観的」に測定した。最新情報に基づいて年次ベースで計算され、全体的なSDGsレベルと個々の計測レベルでのパフォーマンススコアを提供する。 17のSDGsにはそれぞれにフィードする242の詳細な指標があり、これらについてボトムアップアプローチを採用して、フレームワークで概説されている指標のそれぞれをDatastreamで利用可能な850万のアクティブな経済指標に対してマッピング。最終スコアで並んだ国が2カ国以上ある場合、投資家の要望に応じて、基礎となる17のSDGsスコアについて、さらに分析と差別化を行うことができる。

SDG スコアに基づく上位 25 カ国の順位とスコア(%)は1位がノルウェー(9.25%)、2位英国(9%)、3位スイス、4位スウェーデン、5位オランダ、6位アイスランド、7位ドイツ 、8位デンマーク、9位フィンランド、10位フランスがいずれも9%となった。以下、オーストリア(9%)、13位モナコ(同)、14位チェコ共和国(8.75%)、15位ベルギー(8.5%)、16位ルクセンブルク、17位オーストラリア、18位のニュージーランドがいずれも8.5%。19位にエストニア(8.25%)そして20位に日本(8%)。21位ウルグアイ、22位米国 、23位 スペイン 、24位スロベニア、25位ポルトガルも8%となった。

リフィニティブは「政府による債務発行はサステナブル・ファイナンスにおける重要な要素で、政府および企業のESGへの取り組みを定量化することで投資配分を決定し、資産の増強を図っている。当社は今後もESGデータを金融市場の主流にすべく注力していく」としている。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」