みずほ銀、ESGスコア連動で金利引き下げ。タイ企業への協調融資

みずほ銀行は3月16日、タイ上場の化学会社Indorama Ventures Public Company Limited(インドラマ・ベンチャーズ)が調達を計画する「サステナビリティ・リンク・ニンジャローン」のアレンジャーに単独で就任し、今月13日にFacility Agreement契約を締結したと発表した。環境や同ローンは、ESGへの取り組みを評価されれば金利を引き下げる仕組みで、金額は2億5500万ドル(約270億円)。みずほ銀によるとタイ企業向けで初のニンジャローンであり、日本を除くアジアで初めてESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みを評価する仕組みを取り入れている。契約期間は5年間。

インドラマ・ベンチャーズはタイを本拠とし、6大陸世界33ヵ国でグローバルに事業を展開している。ペットボトルの原料になるポリエチレン・テレフタレート(PET)の世界最大手であり、PET事業の他、オレフィン誘導品事業、繊維事業を主な事業とする。ESG投資の国際的な指標「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス」構成銘柄に選出されている企業でもある。

サステナビリティ・リンク・ローンは、企業のCSR戦略と連携したサステナビリティ目標を設定し、金利などの借入条件を、サステナビリティ目標達成に連動させることで、借り手にインセンティブを与え、環境・社会面において持続可能な経済活動および経済成長を促進、支援する。ニンジャローンは在日金融機関による本邦投資家をメインの対象とした非日系・非居住者向けのコーポレートシンジケート・ローンで、「サムライローン」とも呼ばれる。「ニンジャローン」の名称は、みずほ銀が米国などで商標登録している。

サステナビリティ・リンク・ニンジャローンは、グローバルに信頼性の高い第三者機関が評価するESGスコアが、インドラマ社と、主幹事金融機関と参加金融機関で構成するシンジケート団で事前に取り決めた基準に到達した場合、金利の引き下げを行うことで、インドラマ社のESGへの取り組みにインセンティブを付与する。

契約締結について、みずほ銀は、「ESGへの対応の重要性が世界的に高まるなか、本ローンをシンジケーション方式で組成することで、当該取り組みに賛同する参加金融機関とともに、インドラマ社のESGへの取り組みをファイナンス面から支援する」と説明。総合金融グループとして知見を活かし、ESGを推進する企業への助言や資金調達支援をはじめ、多様なソリューションの提供に積極的に取り組んでいく姿勢を示している。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」