GMOコイン、2020年2月の月間取引金額がレバレッジ4倍化以降で最高値を記録

GMOインターネットグループで仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は3月11日、2020年2月の月間取引金額がレバレッジ4倍化以降で最高値を記録したことを発表した。

GMOコイン株式会社は2016年10月に、東証一部上場GMOインターネットグループの仮想通貨による投資の機会を提供する部門として設立され、2017年9月には、金融庁の仮想通貨交換業に登録された。GMOインターネットグループで培われたIT関連事業および金融事業における知見と金融実績を活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、仮想通貨の取引ができる環境を提供している。

同社では、般社団法人日本暗号資産取引業協会が制定する自主規制規則およびガイドラインに基づき、2019年7月31日に「仮想通貨FX」および「取引所(レバレッジ取引)」のレバレッジ倍率を4倍に変更していた。

【関連記事】GMOコインの口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。