フォビジャパン、販売所でBTC建て4通貨ペアを追加【フィスコ・ビットコインニュース】

暗号資産(仮想通貨)交換業を手がけるフォビジャパンは1日、販売所において、リップル対ビットコイン(XRP/BTC)、ビットコインキャッシュ対ビットコイン(BCH/ BTC)、イーサリアム対ビットコイン(ETH/ BTC)、ライトコイン対ビットコイン(LTC/ BTC)の4通貨ペアを追加したと発表した。

同社は2019年9月25日、初めて仮想通貨取引を行う人も簡単な操作で取引ができる、「販売所」をリリースしたと発表している。取引所よりも見やすい画面で、簡単な操作で仮想通貨を売買できるとしており、取引所同様に、24時間365日取引可能となっている。発表当初、取引可能な通貨ペアはリップル対円(XRP/JPY)のみであったが、同月27日にビットコイン対円(BTC/JPY)、ビットコインキャッシュ対円(BCH/JPY)、イーサリアム対円(ETH/JPY)、ライトコイン対円(LTC/JPY)の4種類を追加した。

今回の発表により、同販売所で取引可能な通貨ペアは9種類となった。

【関連記事】Huobi(旧BitTrade)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!