経済誌Forbes「2020年最も価値ある米フィンテック企業TOP 10」にリップルやコインベースがランクイン

米国の経済誌Forbesは2月12日、「2020年に最も価値あるフィンテック企業10社」のリストを公開した。仮想通貨やブロックチェーン領域からは、リップル社やコインベース社などが含まれている。

Forbesは同日に「2020年に最も革新的なフィンテック企業TOP 50」を公開した。そのうち最も企業価値の高い未上場のフィンテック企業10社に仮想通貨関連企業もランクインしている。ブロックチェーン技術に基づいた国際送金ソリューションを提供するリップルは、企業価値100億ドルで2位となった。仮想通貨取引所コインベースは81億ドルで3位にランクインした。また、その他にも手数料無料の株取引アプリRobinhood(76億ドル:4位)や、学生ローンを含む金融サービスを提供するSoFi(48億ドル:7位)は、それぞれ仮想通貨取引サービスを提供している。

CB InsightsとPWCによると、米国のフィンテック企業に対するベンチャーキャピタル(VC)の総投資額は2019年に180億ドルに上り、前年比で38.4%増加した。VC資金調達が9%減少した全業界のトレンドに逆行したかたちだ。こうした流れはフィンテック企業の企業価値に反映している。デジタル銀行Chime(58億ドル:5位)は、9か月間で13億ドルから58億ドルに評価額が増加した。銀行APIサービスのPlaid(53億ドル:6位)はカード決済VISAの買収によって1年で価値を2倍にした。Plaidのシステムは大手銀行やコインベースでも利用されている。なお、首位はオンライン決済プラットフォームStripeで企業価値を350億ドルとしている。

【参照記事】The 10 Biggest Fintech Companies In America 2020

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」