イーサリアムの大型アップデート「コンスタンティノープル」が完了。ネットワークに異常や乱れは無し

イーサリアム公式ブログは3月1日、イーサリアムの大型アップデート「コンスタンティノープル」が完了を報告した。コンスタンティノープルと同時に、テストネットで実装されていたコンスタンティノープルの問題を解決するために「サンクトペテルブルク」も実装されている。アップデート以降のネットワーク異常や乱れは発生していない。

イーサリアムのアップデートは、現在のコンセンサスアルゴリズムPoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)へと移行するために、段階を踏んで行なわれている。今回のアップデートはその4段階目となるアップデートで、コストの削減や速度向上、PoSへの移行を視野にネットワークが安定稼働するための措置が加えられた。PoSは、PoWで消費される膨大な電気を少コストにするという目的で、イーサリアム創設者のヴィタリック・ブテリン氏が考案したものだ。

イーサリアムを保有するユーザーは、自身の預け先がどのようにアップデートに対応するかを確認しておく必要がある。自身でノードを立てているユーザーは、古いクライアントのままだとイーサリアムネットワークの操作ができなくなるため、新規クライアントのダウンロードが必須となる。

コンスタンティノープルは2019年1月、テストネット上でコードに脆弱性が見つかったため、急遽延期していた。今回1か月程度でその改修が行われたかたちだが、今後新たなネットワーク異常が発見されることも考えられる。イーサリアムを保有するユーザー、関心のあるユーザーは引き続き注視しておくことがおすすめだ。

【お詫びと訂正】
(情報更新日時:2019年3月5日10:40)イーサリアム公式ブログのアップデート内容を発表した日は、3月1日ではなく、2月22日でした。ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。3月1日は、日本時間でイーサリアムのアップデートが実施された日付になります。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】イーサリアムのアップデート「コンスタンティノープル」が延期、コードの脆弱性調査のため
【参照記事】Ethereum Constantinople/St. Petersburg Upgrade Announcement

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」