イーサリアムのアップデート「コンスタンティノープル」が延期、コードの脆弱性調査のため

イーサリアムのコア開発者とイーサリアムのセキュリティコミュニティは1月15日、大型アップデートであるコンスタンティノープルの延期を発表した。スマートコントラクトの監査チームChainSecurityによって確認されたコードの脆弱性を調査するためだという。

仮想通貨投資をするユーザーは特に行動をする必要はないが、ノードを立てているユーザーに関しては、1月17日午前10時までにイーサリアムのソフトウェアであるGethまたはParityの新しいバージョンに更新する必要がある。今回発覚したコードの脆弱性は、何度も同じアカウントから資金を引き出すReentrancy Attack(再入攻撃)を可能にする。Reentrancy Attackは、イーサリアムブロックチェーンを動かす燃料としてのトークンであるイーサ(ETH)の流出を起こしたTheDAO事件のときに浮き彫りとなった。ChainSecurityとイーサリアムのセキュリティに関するコミュニティethsecurity.orgが、協力してコードの修正を行なっていく。

これまで行われたイーサリアムのアップデート前後では、価格が変動していたため、今回のコンスタンティノープルも仮想通貨投資家から注目されていた。バグを修正した後のイーサリアムアップデート実施日は不明だ。なお、詳細は追って判明次第掲載する。

【参照記事】Constantinople enables new Reentrancy Attack
【参照記事】Security Alert: Ethereum Constantinople Postponement
【関連記事】イーサリアムのアップデート「コンスタンティノープル」、1月14日から18日までに実施予定
【関連記事】イーサリアムとは?

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」