ICO調達資金の10%以上にあたる約4億ドルが紛失・盗難の被害に。Ernst and Youngが発表

2017年の6月に実施されたICOのうち、90%が資金の調達目標を達成した。この時期はICOブームの絶頂期だったと言えるかもしれない。熱狂的な動きは年末に向かうに従いトーンダウンし、同年11月に行われたICOのうち目標を達成したのは25%にとどまった。こうした流れの中、ICOで調達した資金のセキュリティはどの程度確保されているのだろうか。

会計、税務、アドバイザリーサービスなどを提供するイギリスのErnst and Young社が公表した調査結果によると、ICOで調達された資金のうち10%以上が紛失か盗難に遭っているという。同社は、こうした規制が十分に整っていない市場に投資を行うことをリスクと捉えている。

Ernst and Young社はサイバーセキュリティ支援を行うGroup iBと協力し、仮想通貨市場で行われた372のICOを分析した。分析の対象期間は明示されていないが、データは「取引、データアグリゲーター、ICOレポート、ICOトラッカー、ニュースサイト、ブロックチェーンネットワークの調査/取引所、そしてブロックチェーンに関するソーシャルメディアといった公のソース」から集めたとしている。

調査の結果、ICOで調達された37億ドルのうち約4億ドルが紛失、もしくは盗まれていることが明らかになった。資金の盗難についてはフィッシング詐欺が最も頻繁に行われ、仮想通貨や法定通貨を詐欺サイトに送金させる手口が横行している。フィッシング詐欺だけでも月に150万ドルの被害が発生している、と調査では指摘されている。

こうした結果が出てはいるが、Ernst and Young社は資金調達手段としてのICOを否定しているわけではない。アドバイザリーサービスを提供する同社は、仮想通貨に投資をする際に気を付けるべき点を指摘しているに過ぎない。業界内でもより取引の安全性を高めるインフラが整備され始めており、詐欺などの仕掛けに引っかからないようコミュニティ全体で警戒をしておくことが大切だ。

【参照サイト】10% of $3.7 Billion in ICO Funds Lost or Stolen: Ernst & Young Report
【参照レポート】Big risks in ICO market


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
木村つぐみ

木村つぐみ

海外ビジネス情報の翻訳、ライティングを幅広く手掛けており、HEDGE GUIDEでは暗号通貨・仮想通貨関連記事を担当しています。暗号通貨・仮想通貨の特に興味深い点は、貨幣の持つ共同幻想性を明るみに出したことだと思っています。初心者の方にも分かりやすい説明を心掛けていきます。