デジタルユーロ協会、CBDCインフラ構築に向けリップルと提携

ドイツのデジタルユーロ協会(DEA:The Digital Euro Association)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)のインフラを構築するためエンタープライズブロックチェーンでクロスボーダー決済のリップル社と提携することを明らかにした。

DEAはデジタル通貨を専門とするシンクタンクで、デジタルユーロに焦点をあてている。DEAの活動としては、技術者や政策立案者、エコノミストらがデジタルマネー関連のトピックを議論するためのコミュニティとプラットフォームを提供している。

リップル社は2021年9月、ブータンのロイヤル・マネタリー・オーソリティ(RMA)と協力して、CBDCのパイロット実装支援を開始していた。また、10月には英国デジタルポンド協会への参加、11月にはパラオ共和国との提携で米ドルと連携したCBDCの開発にも携わっている。

DEA会長のJonas Gross氏は、声明の中で「CBDCの研究は近い将来、政策立案者にとって重要な役割を果たすでしょう。リップルとの提携によりDEAコミュニティの技術的専門知識を拡大させることができます」と言及している。

Ripple社は、CBDCの開発に関して、持続可能なソリューションを強調してきた。ブータンのケースでは、パブリックなオープンソース‎‎XRP Ledger(XRPL)のプライベートバージョンを活用することで、パブリックブロックチェーンで得られるよりも制御が効く優位性について述べている。プライベート台帳では、発行、管理、プライバシー、検証を大きくコントロールできるだけでなく、プルーフ・オブ・ワークのブロックチェーンと比べても12万倍のエネルギー効率を誇るという。

DEAもデータ提供を行うCBDC Trackerによれば、CBDCのパイロット実装が行われている地域はカナダのCBDCであるJasperをはじめ、ウルグアイ、南アフリカ、ガーナ、サウジアラビア、UAE、韓国、中国の8か国に及んでいる。

【関連記事】Digital Euro Association partners with Ripple
【参照サイト】CBDC Tracker

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。