クリプタクト、仮想通貨オプション市場の創設に向けて子会社設立へ

仮想通貨投資家支援プラットフォーム「grid@cryptact」を運営する株式会社クリプタクトが3月5日、仮想通貨のオプション販売子会社である株式会社Protoptionを設立した。投資家にとって仮想通貨保有の課題である価格変動リスクへの回避手段の提供を目指し、実証実験を開始する。

仮想通貨市場の課題には、仮想通貨のボラティリティ(価格変動率)の大きさがある。ボラティリティの大きさは仮想通貨を保有する上での障害で、機関投資家を含めた幅広い投資家の参入を阻む一因となっている。Protoptionでは、仮想通貨におけるオプション市場を創設し、ボラティリティの抑制や価格変動リスクの回避手段の提供を目指す。具体的には、仮想通貨のオプション組成・販売やオプション取引の事務作業を効率化する仮想通貨デリバティブのスマートコントラクト開発などを行うとしている。

クリプトタクト代表の斎藤岳氏は、現在仮想通貨市場で提供されているデリバディブは投機を助長するような仕組みが多く、本来デリバディブの最大の社会的意義である「ヘッジ手段の提供」を十分にされていないと指摘している。そのため、同社がベッジ手段を提供することで、機関投資家も含めた投資家層の拡大を促し、ボラティリティの低下を目指すとしている。

仮想通貨市場の拡大には、法整備による業界の健全化が焦点となる。クリプタクトの取り組みによって、多くの投資家が安心して参入できる市場が形成されていくことを期待したい。

仮想通貨・ブロックチェーン領域で働いてみませんか?

HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。