購入経験者の4割が”塩漬け”も、塩漬け層の66.9%は「今後売買予定あり」。博報堂が仮想通貨に関する生活調査結果を公表

株式会社博報堂が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)は3月6日、2回目の実施となる「仮想通貨に関する生活者調査」結果を公表した。分析の結果、仮想通貨の取引頻度は下落傾向にあり、購入経験者の約4割が”塩漬け”状態にあることがわかった。

仮想通貨の認知度は88.5%と高い水準にあるものの、興味度は18.6%と、前回調査時(20.4%)よりもやや減少。また、仮想通貨の銘柄、取引所または販売所いずれかを認知していると答えた人の割合は、65.4%から56.2%に低下しました。実際に仮想通貨の購入経験があるのは、調査を実施した2万人のうち1,004人(全体の5.0%)と、前回調査時(4.7%)から0.3ポイント増加しました。

仮想通貨の取引頻度については、62.3%が「減った」と回答した。また、購入者の約4割がこの半年間全く取引を行っておらず、いわゆる”塩漬け”状態にあることも明らかとなった。その一方で、仮想通貨経験者の73.4%が、取引所・販売所へのログインやアプリの起動を月に1回以上は行っており、塩漬け層の66.9%が「今後売買予定あり」と回答していることからも、市場の動きを気にしながら、取引再開のタイミングをうかがっていると考えられます。

仮想通貨取引所・販売所の選択重視点としては、「手数料が安い」(36.9%)、「セキュリティがしっかりしている」(34.7%)、「信頼性がある」(34.4%)が上位に挙がった。さらに購入開始時期別に見ると、2018年3月以降に仮想通貨を始めた直近購入層では、「有名である」、「口コミが良い」点を重視する人が全体と比較して多い一方、2017年1月以前に購入した初期購入層では、「手数料が安い」、「セキュリティがしっかりしている」、「使いやすい」など、手数料や安全性、機能性をより重視する傾向がみられた。

仮想通貨に期待する活用手段としては、「価格変動を利用した資産運用・投資」(50.5%)、「資産としての貯蓄」(48.2%)など投資関連の項目が最も高いものの、 「インターネットショッピングの決済」(48.1%)や「個人間送金」(37.5%)、「コンビニや飲食店での決済」(33.1%)など、投機的なお金儲け以外の役割への関心も高く、ブロックチェーン技術を活かした新しい決済・送金インフラなど、通貨としての利便性向上への期待も高いことがわかった。


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」