コインチェック、慶應義塾大学 KGRIにて暗号資産研究プロジェクトを発足

コインチェック株式会社と株式会社HashPortは2月12日、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(GRI:Keio University Global Research Institute)にて、暗号資産業界の発展並びに暗号資産の社会的意義に関する理解促進のための研究プロジェクトの発足を発表した。同プロジェクトは、両社からの寄付によって運営され、2021年2月25日の初回講座では、「暗号資産規制の現在と未来」をテーマに一般の方も受講可能な公開講座としてオンラインにて実施される。

近年、政府が「Society 5.0」の時代においてその必要性に言及するなどブロックチェーン技術が注目を浴びるなかで、ブロックチェーンによりデジタル化した「暗号資産」においても評価が見直されつつある。国内においては法整備が進み、ビジネス環境は徐々に整いつつある一方で、暗号資産に関連する法令や影響、暗号資産の社会的意義などに対する理解は不足している現状にある。

このような状況の中で、コインチェックでは、同プロジェクトを実施し、暗号資産に造詣が深い実務家の方をゲスト・スピーカーとして直接話を聞ける機会を設けることで、暗号資産が社会にもたらす可能性に対する理解を深め、暗号資産業界の発展を促進していきたい考えだ。

暗号資産規制に取り組む自主規制団体「暗号資産取引業協会(JVCEA)」の歴代事務局長を招き、「暗号資産規制の現在と未来」というテーマにて、日本の暗号資産規制の歴史と制度設計の考え方、また暗号資産の社会的な役割を踏まえて暗号資産規制の将来像について議論を行う。

講座は2月25日15:00〜16:00にZoomで開催、ゲストスピーカーは安河内 誠氏(一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 事務局長)と福井 崇人氏(一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 前事務局長、現職はアンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業)。

【申し込みURL】暗号資産研究プロジェクト:第1回「暗号資産規制の現在と未来」(2021.2.25開催)
【関連記事】Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。