2020.9.15 暗号資産マーケットレポート【ビットコイン、10,800ドルまで独立して上昇】

昨日のビットコイン相場は上昇。特段大きな材料はなかったが戻り高値であった10,600ドル台を突破し、ストップロスを巻き込み10,800ドル付近まで上昇する動きとなった。イーサリアムやDeFi関連が一旦落ち着きを見せる中、ビットコインが単体で動いているところを見ると、ビットコインにのみフローが入っている様子がうかがえる。

昨日は日本で菅首相誕生となり安倍首相の緩和路線が継続ということから日本株は上昇、また米国株も上昇しており、株価が堅調な動きを見せる中、ゴールドが上昇し、ドルインデックスが下落などもビットコイン相場の底堅さに寄与したか。

テクニカルでは上方向を示唆しており、本日は10,600ドル付近をバックに淡々とロングエントリーがベター。足元はビットコインに悪いニュースが流れているわけでもないため、ターゲットは11,000ドル付近まで見ておきたい環境。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 【運営サイト】FXの車窓から