2020.5.28 仮想通貨マーケットレポート【BTCは4日ぶりの反発、テクニカル的には若干弱気相場】

BTC/JPYは4日ぶりに反発。昨日はロンドン時間に急反発する場面があったものの20日移動平均線に頭を押さえられる形になっている。高値のメドは昨日の高値(993,000円)、上抜けると5/24の高値(1,003,000円)がターゲットであるが少し遠い印象。下値のメドは5/25の安値(933,000円)、割れ込むと5/12の安値(963,000円)がターゲット。

USD建ては高値が9,220ドル、安値が8,800ドルとなっており、終値が9,000ドル台を回復。レジスタンスラインとして20日移動平均線が意識される形に。心理的節目の9,500ドルまでは少し遠い印象。BTCは対JPYも対USDも20日移動平均線を割れ込んでいる中、ハッシュレートは弱いままの状況となっている。昨日はNY株式市場が大幅上昇しているものの強弱交錯しており、日足のRSIはやや弱い地合いとなっている等テクニカル的には若干弱気相場であるため、昨日の安値を更新するか注目。

ポジション動向も昨日まではショートポジションに全体が傾いていたが解消のフローが入っているのか現在は中立気味になってきているところも頭に入れておきたいところ。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 【運営サイト】FXの車窓から