2020.4.21 仮想通貨マーケットレポート【原油が大暴落ともなればBTCも。リスクオフムードを受け前日安値を割れ込み】

NY市場でダウは反落、新型コロナにより経済活動停止が長引き、米国の原油在庫が積み上がっている状況のなか、貯蔵能力が限界に達するとの見方が広がったことで、原油を売る動きが急速に進み5月物のWTI原油先物が史上初のマイナス40ドル台まで下落したことでリスクオフムードが台頭、ダウは前日比595ドル安で終えている。

BTC/JPYもリスクオフムードを受け前日安値を割れ込み、一時74万台を割れこむ値動きとなっている。高値の目途は昨日の高値、上抜けると4/9の80万9千が次なるターゲット。下値のメドは昨日の安値、下抜けると4/16の70万が次なるターゲット。次回のBTC難易度調整まで後9時間程度の中、市場全体がリスクオフムードであるため上値が重く、下押し圧力のが強いためポジション調整には引き続きご注意。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。 【保有資格】証券アナリスト