2021.4.19 暗号資産マーケットレポート【ビットコインは大暴落の動きに】

先週末のビットコイン相場は急落。60,000ドル付近で推移していたビットコインだが、58,000ドル半ばまでジリ安となり、その後一時50,000ドルまで急落する動きになった。この間に日本円で9,000億円以上のストップロスの注文が成立、足元未決済建玉が積み上がっていた環境下で一気にロング勢が清算されたような動きとなっている。

仮想通貨市場もビットコインにつられる形で急落しており、過去最大級の値動きとなった。要因としては、米FRBがマネロン対応の規制を強める報道が原因と言われているが、個人的には大きな売りフローから理由なくストップロスを大きく巻き込んだだけと理解しておきたいところ。

仮想通貨市場でも底堅く推移しているのがドージコインとなっており、全体が急落して連れ安となるもその後反発。下落幅を埋める動きとなっていることは注目。

テクニカルでは完全に上昇トレンドが崩れそうな形となっており、本日も値幅を伴いそうなところから、レバレッジをかけたトレーディングは心理的に辛いところ。60,000ドルに乗せるまではショートメイクで臨みたい。

押し目を作ったというコメントも多いが、注意点としては現物を保有している人がTwitterで押し目と言っているケースもあり、押し目ではなくトレンド転換の可能性があると個人的には考えている。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12