2020.4.9 仮想通貨マーケットレポート【一昨日の高値上抜けで83万台ターゲット、BTC半減期に注目】

NY市場はダウは大幅反発、リベラル政策を掲げていたサンダースが大統領選から撤退、専門家による分析で新型コロナの感染拡大がピークアウトしたとの報道が伝わったことや、大規模な協調減産の観測により、原油先物が大幅高となったことを受け、ダウは前日比772ドル高で終えている。

BTCは朝方に81万台に到達できなかったものの、なんとか踏ん張って陽線引け。一部からハッシュレートの難化が寄与したとの声が聞こえた。高値の目途は一昨日の高値で上抜ければ83万台が次なるターゲット、下値は昨日の安値、ここを抜けると一昨日の安値となるが少し遠い印象。

昨日はBCHの半減期が実行され、12.5BCHから6.25BCHに減額、一昨日には急騰したものの、昨日は大きな変化は見られなかった。BTCも5/13頃には半減期が予定されているため同じような動きとなるか注目したい。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。 【保有資格】証券アナリスト