2021.4.5 暗号資産マーケットレポート【ビットコインは調整安も底堅い展開に】

先週末のビットコイン相場は60,000ドル突破を目指すも一点調整安の展開となり、57,000ドル割れの水準まで急落を見せており、その後自律反発で58,000ドルまで価格が戻る展開に。

60,000ドルに大口の売りがいるのか、60,000ドル付近で徹底的に売られている状況。1時間足でチャートをチェックしても、5回ほどトライして一度だけブレイクするも続かず、60,000ドル割れまですぐに戻していることから60,000ドルが重要な節目となっている。

大口の出金も話題となっており、数千億のビットコインが動いたデータが出ていたことも下落に寄与した格好か。また、週末はアルトコインの上昇が顕著であり、アルトコインが牽引する相場展開となった。ドミナンスでもビットコインの上昇が止まりつつあり、ビットコインの上昇にも陰りが見え始めているか。

60,000ドル付近で短期勢のショートが積み上がっていることから、引き続きショートカバーから急騰する可能性があるが、それまでは淡々とショートポジションで攻めるしかない状況。60,000ドルを超えてくる際はレバレッジを利用して短期で利益を出すチャンスと見ている。

テクニカルでは少し下落方向で推移しており、素直に中心線まで戻ればショートでエントリーするのもありか。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12