2020.3.12 仮想通貨マーケットレポート【上値の重いビットコイン】

昨日のBTC相場は上は84万円台半ば、下が79万円台半ばと、昨日もボラもある中で、80万台を割る場面もあったものの、その後は小反発、下押し圧力のが強い印象。昨日のNY市場はトランプ大統領による給与税の減税の財源が示されていないことから実現を疑問視する見方が広がっていることや、WHOが今回の新型コロナについて「パンデミック」の認識を示したことで世界経済の減速懸念に拍車がかかりダウは大きく値を下げる形となった。一方で米10年債は0.8%を回復するなど先日との変調か?引き続きBTCはダウに連動したような形となっている。

短期的なテクニカルはレジスタンスラインを突破し上方向を示唆。取引高も下落時よりも上昇時に増加している傾向から本日は買い方向でトレードすることがベター。戻りはレジスタンスラインが押し目と考えてエントリーする方法もありか。1週間スパンでみるとまだ下落中の戻しという見方もでき、戻り目処は31.8%戻しの860,000円付近、そして半値戻しの位置である905,000円付近がターゲットとなるか。


【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 【運営サイト】FXの車窓から